『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

通風の原因

通風発作の原因は尿酸という物質です。


通風=プリン体と呼ばれるほど、プリン体の影響は大きいものと考えられております。このプリン体とは、細胞の核を構成する成分のことで、人間が食する大半の食品に含まれております。その為、細胞数の多い食品ほどプリン体の含有量が多いと言えます。


このプリン体の成分は肝臓で分解されまずが、この分解作業を行う際に、老廃物として尿酸という成分を発生します。


尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、からだの中に蓄積してきます。


溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩(えん)を作り、結晶になります。尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。通風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。


この尿酸はどんな人の体でも血液中に一定量の尿酸が存在しまずが、通常余分なものは便や尿と一緒に排泄されます。しかし、尿酸濃度が一定の濃度を上回ると、血中に溶け切れなかった分の尿酸は結晶化して体内に沈着するのです。


この体内に沈着した結晶化された尿酸が多くなると、通風の症状や、尿結石などの症状を発症します。これらのメカニズムが通風とプリン体の関係であり、通風発症の原因のひとつとして考えられております。


尿酸塩が関節に溜まると通風発作になりますが、他の臓器にも溜まります。なかでも腎臓には尿酸が溜まりやすく、通風発作のある人は腎機能に注意が必要です。


さらに、通風の患者さんでは心筋梗塞や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高いのです。通風発作の激痛は尿酸が体に溜まっているので治療が必要ですという体の警告と考えるべきでしょう。