『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

通風予備軍

■身近な病気の一つ

通風トピック2日本は通風の歴史が浅く、身近な病気ではありませんでした。しかし近年の食生活の欧米化に伴い通風患者は年々増加傾向にあり、いまや身近な生活習慣病となっています。


現在日本には推定で50~60万人もの通風患者がるとされていますが、その99%が男性です。通風は男性の病気といっても過言ではありません。これと対照的なのが慢性関節リウマチで、通風と同程度の患者がいますがその80%は女性なのです。


通風という病気の背景には高尿酸血症があります。通風患者の99%は高尿酸血症にありますが、高尿酸血症と通風は同じ病気ではありません。通風は高尿酸血症患者のうち、およそ10人に1人がかかる病気です。


尿酸とは体内でプリン体が分解されてできた老廃物です。尿酸は誰にでもあり、正常な人で1200mgほどが体内に存在します。この尿酸は通常体液に溶けており腎臓から排泄されるのですが、体液にとても溶けにくく排泄しづらいという特徴をもっています。


そのため血中濃度が7.0mg/dlまでは溶けているのですが、それを超えると結晶として析出してきます。尿酸は溶けている時は無害なのですが、結晶となると体にさまざまな障害をもたらし、通風発作もそのひとつです。


■10人中3人は通風予備軍!

日本通風・核酸代謝学会では、尿酸の血中濃度が7.0mg/dlを超える場合を高尿酸血症としています。この値が増えるほど、結晶ができやすく通風になりやすいといえます。


ある調査では通風患者60万人に対して、尿酸値8.0mg/dl以上の通風予備軍である高尿酸血症患者は4倍の200万人ほどおり、さらに7.0mg/dl以上のものは600万人にものぼるといわれています。つまり成人男性の100人に30人の割合で高尿酸血症があるのです。


さらに高尿酸血症患者は増加し続けているのですが、いまだ社会にはそれほど認知されていない問題点があります。高尿酸血症になってもそれ自体に自覚症状はなく、通風のような症状が出るまでに5~10年の年月を要するため、つい見逃してしまいます。


しかしその間も確実に体を蝕んでおり、やがては通風発作という激痛に襲われます。しかし本当に恐ろしいのは通風発作だけではなく、高い確率で尿路結石や腎障害、高血圧、高脂血症、肥満、耐糖能異常などと合併し、心筋梗塞や腎不全、脳血管障害など生命にかかわる重篤な症状を起こす危険性があることです。