『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

通風発作が起きたとき

通風発作は夜中から朝方にかけて突然襲ってくることが多いと言われています。就寝前に足の指がピリピリするなどの違和感を感じた場合、それは発作の前兆と考えます。


しかし大抵の場合気にせずに寝てしまい、深夜になって激しい痛みを感じ、眠るどころではなくなってしまいます。すぐには病院に行けない時、自宅などでできる応急措置として以下のようなものがあります。


●患部を冷やす
関節に炎症が起きている状態なので、とにかく冷やすことです。氷や水、湿布などで熱を持った患部を冷やしましょう。

●患部を心臓より高くする
患部を心臓の位置より高くすることで静脈のうっ血を防ぐ事ができます。こうすると痛みが和らぎます。

●安静にする
患部を動かさずにじっとしているのが一番です。歩き回ったりマッサージなどをするとますます痛みが増してしまいます。

●なるべく早く受診する
なるべく早く医師の診察を受け、症状を和らげる治療を受けましょう。この時に発作時用に痛み止めも処方してもらうと良いでしょう。