『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

通風のしくみと症状

通風の治療を怠ると恐ろしい事に


体内に尿酸という物質が異常に増えた状態を高尿酸血症といいますが、通風はこの高尿酸血症と深い関わりがあります。尿酸とは白色、無味、無臭の結晶で、体内でプリン体という物質から新陳代謝によって作られた、いわば体の老廃物です。この尿酸は通常尿などとともに体外に排泄されます。


ところがこの尿酸はなかなか水や体液に溶けにくい物質で、プリン体の代謝に異常が生じて尿酸が作られたり、腎臓からの排泄が低下した場合、尿酸は血液中だけでなく体全体に溜まっていきます。血液中の正常な尿酸値は7.0mg/dl以下ですが、これを超えた状態を高尿酸血症といいます。


尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態が続くと、溶けにくい尿酸は結晶として析出し関節やその周辺に沈着していきます。この結晶を異物と判断し白血球が攻撃することで炎症が起き痛みが生じます。これが通風発作です。通風は関節ならどこにでも起きますが、特に多いのが足の親指付け根や足首、かかとなどです。


初期の通風発作の時に正しい治療をしなかったり、他の病気と誤診されたりすると、次の発作に襲われて苦しむ事になります。それでも治療を怠ると発作の間隔が狭くなっていき、発作が治る前に次の発作が起こるなど耐えがたい激痛に襲われる事になります。


そして数年後には発作の起きたところや耳たぶ、ひじなどに通風独特の結節を作ったり、骨が破壊されて関節に変形が生じたりします。


尿酸結晶は腎臓の髄質部にもできるため、腎機能が低下し腎障害が起こります。また尿中の尿酸量が増えるため、尿の酸性が強いところに尿酸結晶ができ、尿路結石が起こります。


通風の背景には高尿酸血症があります。そして高尿酸血症を起こす背景に偏った生活習慣があり、高血圧や肥満、高脂血症、糖尿病などを合併しやすく、動脈硬化から虚血性心疾患、脳血管障害などを起こす危険性も高くなります。


通風はこのように尿酸の代謝異常から発生し、多くの臓器を侵す病気なのです。