『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

栄養バランスに気をつける

適正なカロリー量を守っても、栄養に偏りがあると効果的な食事療法とはいえません。

またカロリーを抑えるために炭水化物を控える人がいますが、これは結果的に高タンパク・高脂肪の食事になりがちで、逆に生活習慣病を促進してしまう事にもなります。


 理想的な栄養バランスとしては、1日の摂取エネルギーの50~60%を炭水化物から、15~20%をタンパク質から、残り20~30%を脂質から摂取するのがよいとされています。


 タンパク質、炭水化物、脂質に加えてビタミンやミネラルの摂取も大変重要になってきます。これらを合わせて五大栄養素と呼んでおりますが、近年では食物繊維の効用も注目されており、第六の栄養素として加えることもあります。


食事ごとにきちんと栄養バランスの取れた献立にするのが理想的ですが、なかなか難しいことなので1日3食の中で調整するようにしましょう。

例えば昼はざるそば一杯ですませたなら、夜はタンパク源と野菜を多めに摂るなどです。