『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

アルコールの摂取は控える

通風や高尿酸血症になるとアルコールを控えるようにいわれますが、理由は二つあります。ひとつはアルコール飲料に含まれるプリン体です。


アルコール飲料には多かれ少なかれプリン体が含まれており、多く含まれている代表格がビールなのです。しかもビールは他の酒類よりも高カロリーなので肥満を助長するなど、通風の患者さんにはお勧めできないアルコール飲料なのです。逆にウイスキーやブランデー、焼酎などの蒸留酒は比較的プリン体が少ないのです。


ふたつめはアルコールを体内で分解する際に尿酸が作られてしまうのです。しかも同時にできる乳酸が、尿酸を体内に蓄積させてしまいます。これはどのアルコール飲料にもいえることで、代謝されるときに尿酸値が上がります。よってビールに限らず、すべてのアルコール飲料が尿酸値を上げる対象になるのです。


理想は通風や高尿酸血症の人はお酒を飲まないのがいいのですが、ストレス発散効果や精神的なリラックス効果、また飲み会などに出席しなければならないという人もいますので難しい事です。そのような人は適量を守るように心掛けましょう。


お酒は1日の総摂取エネルギーの1割以内にとどめる必要があります。また多飲につながる一気飲みをせず、自分の飲酒量を把握できるような飲み方が大切です。そして1週間に1~2日の休肝日を設けるようにしましょう。


■アルコール飲料のプリン体含有量

名称     プリン体(mg)      尿酸換算(mg)
・ビール    4.35~6.85      4.96~7.83
・地ビール   6.65~16.65    7.62~19.26
・発泡酒    2.84~3.83      3.25~4.30
・ウイスキー  0.12           0.14
・ブランデー  0.38           0.44
・焼酎(25%) 0.03           0.02
・ワイン    0.38           0.48

○尿酸値を上げない許容量
・ビール中ビン1本 500mL
・ワイン        200mL
・ウイスキー     60mL
・日本酒       180mL
・焼酎お湯割り   200mL