『通風の初期症状』-治療時の通風に良い食べ物-

プリン体の多い食品を控える

■食物からより体内合成される量のほうが多い

尿酸の原料となるプリン体には、食物から摂取するものと、体内で合成されるものがあります。かつて通風の患者さんはプリン体を含む食品を厳しく制限されていましたが、最近の研究で食品に含まれているプリン体のほとんどが腸管内で分解されてしまう事がわかってきました。つまり食事から摂るプリン体より、体内で合成されるプリン体のほうがはるかに多いのです。


また実際に食べ物からのプリン体を制限しても、血中の尿酸値は1.0mg/dl程度しか低下しない事も明らかになっています。さらに尿酸代謝の研究が進み、尿酸コントロールする薬剤が開発された事も、通風患者さんの食事によるプリン体制限が緩和された原因のひとつです。


■高プリン体食品の摂り過ぎには注意

通風特集2いくら食品から摂ったプリン体が分解されるといっても、過剰摂取は禁物です。日常の食事ではそれほど気にする必要はありませんが、プリン体を多く含むレバーなどの内臓類やかに味噌、ウニなどをたくさん食べ続けるのは避けたほうが良いです。


また珍味や干物もプリン体を多く含んでいるので、食べ過ぎには注意が必要です。食品からのプリン体摂取は1日400mgを超えないようにしましょう。特に100g当たり200mg以上のプリン体を含む食品あまり食べないようにしましょう。


■主な食品のプリン体含有量

●プリン体が極めて多い(100g当たり300mg以上)
煮干し/干しシイタケ/鶏レバー/真イワシ/イサキ/白子/アンコウ肝/カツオ節/その他干物類

●プリン体が多いもの(100g当たり200~300mg)
真アジ/サンマ干物/豚レバー/牛レバー/カツオ/メバル/オキアミ/大正海老

●プリン体がやや少ない(100g当たり50~100mg)
ボンレスハム/プレスハム/ベーコン/豚ばら肉/豚ロース肉/牛肩ロース肉/牛肩ばら肉/牛タン/マトン/ウナギ/ワカサギ/ツミレ/ほうれん草/カリフラワー

●プリン体が極めて少ない(100g当たり50mg以下)
米飯/パン/うどん/そば/コンビーフ/ウインナー/魚肉ソーセージ/かまぼこ/焼ちくわ/さつま揚げ/カズノコ/スジコ/牛乳/チーズ/バター /鶏卵/豆腐/トウモロコシ/ジャガイモ/サツマイモ/果物/キャベツ/トマト/ニンジン/大根/白菜/ひじき/ワカメ/昆布