通風の初期症状

通風

通風について ここ『通風の初期症状』では『通風』に関連するいろいろな情報を提供しています。
 現在行われている『通風』の治療法や予防法、または最近になって『通風』の症状で悩む人、または自分や身近な人に思い当たる症状がある方の為の身近にできる対処法などをできるだけ掲載しています。
 訪れる方は何らかの不安や症状を抱えている人が多いと思います。ここではそんな方々の為に少しでも役立つ情報を提供し、みなさんが抱える不安や問題を解決する為の助力となるサイトを目指しています。

通風について 通風とは、血液中の尿酸値が高くなる高尿酸血症によって、主に下半身の関節に、ある日突然、腫れや炎症を発症する障害です。
 戦前の日本では通風は非常に稀な病気でしたが、戦後、社会が豊かになり、食糧事情の好転とともに、急に患者数が増えだしました。
 このために通風のことを「ぜいたく病」とみる向きもありますが、実際には遺伝的要因が基礎にあり、それに食習慣やストレスなどいくつかの要素が重なりあって発病する病気です。


日本における痛風という病気の認知度の変遷の概略を紹介しています。

通風とは、体内でどのようなことが起こっているのか、簡単に説明しています。

通風といえばプリン体ですが、その先の尿酸が悪さをします。

通風の治療の際に用いられるガイドラインを紹介しています。

通風発作は激痛を伴う代表的な症状の一つです。

自宅などすぐに医療機関の治療を受けられない状態で起きた場合の対処を紹介しています。

主に医療施設で行われる治療方法を紹介しています。

通風について 男性が90%以上を占める事からも、痛風は男性に多く発症する障害である事は間違いありません。

痛風発作が出た患者さんの食事療法で一番大切なことは、エネルギーを摂りすぎないことです。

食べている食事内容を見直して、適正なエネルギー量と栄養バランスに改める事が大切です。

尿が酸性に傾いている高尿酸血症の方の場合です。

アルコールにおけるプリン体の含有量とその影響を紹介しています。

カロリーのコントロールも通風の治療には大切な要素です。

ミネラル栄養素の主な種類と含まれる食品を簡単に紹介しています。

どのような食品にどれくらいプリン体が含まれているのか、などを紹介しています。

タンパク質の摂取量の目安と簡単な説明を紹介しています。

栄養素の一つの脂質について簡単に説明しています。

ビタミンの必要性と、その主な働きを簡単に説明しています。

通風の関連情報1 これまで通風は40~50代の男性がかかりやすいとされてきましたが、近年では発症ピークが下がり30代の働き盛りの男性が最も発症しやすくなっているとされています。
また患者数も年々増加傾向にあります。生活が豊かになるとともに食卓に肉が上がる機会が増え、今では高タンパク・高脂肪の食生活が日常的になりました。そのため肥満や生活習慣病の患者数が増えていき、高尿酸血症の患者も増加してきました。
高尿酸血症にかかる人も増え、肥満指数25以上の人の約75%が高尿酸血症にというデータもあります。

米国リウマチ学会が定めた診断基準を紹介しています。

通風のほとんどはその人の生活習慣と密接に関わっています。

通風の症状と一部似ている疾患をいくつか紹介しています。

通風は時間をかけて気長に治す病気です。

通風は正しい知識と治療、そして合併症に注意です。

知らずに自分が通風の予備軍になっている可能性もあります。

通風について 通風はいまや日本人にとって身近な生活習慣病のひとつです。そして恐ろしい発作は突然に襲ってきます。
 この背景には偏った生活習慣が引き起こす高尿酸血症があります。
 現在、国内の通風患者数は約30~50万、通風ではないものの尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症(通風予備軍)」の人は、約500万と推計されています。



尿のPHは弱酸性が健康な状態です。

尿酸値を下げる代表的な薬を紹介しています。

栄養バランスの重要性を簡単に説明しています。

尿路結石の予防と改善には十分な水分摂取が効果的です。

通風による合併症の危険性を簡単に説明しています。

食生活による通風の改善方法を間単に紹介しています。

相互リンク集 1 2 3 4 5 6 7